ETCカードの見直し

サイトトップ → ETCカードの見直し

ETCカードの見直し

ETCカードの年会費無料、入会金無料はお得感があります。

カードを持っているだけで自動的に口座から引き落としされる年会費などのランニングコストは、できるなら支払いたくないものです。

口座管理をきちんとしたい人は、自動的に消えていくコストには敏感なもの。

でもETCカードのランニングコストが無料でも、その元になっているクレジットカードの方に会費などのコストがかかってしまっていては、結局それは無料とは言えません。

クレカの年会費にプラスETCカードの年会費を両方支払ってしまうと、これは二重にお金がかかっていることになりますから、見直しが必須でしょう。

これからETCカードもクレカも新しくするという人は、まず両方に関して年間コストがかからない会社のものを厳選しましょう。

持っているだけで使わないクレカがあり、それにコストがかかってしまっている人は、持っていることで何らかの優越感が持てるから、それに対するコストとして割り切って支払うのか、今後数年間で使用する可能性があるからそのために年会費を払うのか、年会費なんかの小さいお金のことは全く気にならないくらいの年収があるのか、棚卸してみるのもいいかもしれません。

一方で、ETCカードに関してのみ年会費を取る会社の場合、その会社とETCカードを紐付けしている理由を考えてみるのもいいでしょう。

そのETCカードの還元率が年会費を差し引いても大きいので気にならないのか、他に手元にあるクレカに付帯した方がずっとお得なのかというモンダイです。

期間限定のキャンペーンなどで手軽に申し込みもできますし、見直しは定期的に行うのもおすすめです。

最新情報